審査に落ちた理由が知りたい

どうして
モビットの審査に落ちた際、審査に落ちた理由が全く分からずその理由を知りたいという人が多くいるかと思います。
しかし、モビットに審査に落ちた理由を問い合わしてもそれを申込者が知ることは絶対にありません。

 

モビットだけでなく他の消費者金融は審査の基準は公表していません。

 

その為審査に落ちた理由を知るにはその理由を自分なりに調べる他ないということです。

 

通常、安定した収入があり過去に借金をしたことがない正社員の方であれば審査に落ちる事はありません、ですのでまず基本的なところから自分を見直してみましょう。

 

定期収入があることが前提

 

モビットの審査に「定期収入」があることが第一前提となります。
一般的な正社員並みの年収を稼いでいて定期収入も確保できているのであれば審査は問題ないと思いますが、例えば年収が600万円近くあっても自営業のような定期収入が確保できていなければ審査通過は難しくなります。

 

もちろん、正社員並みの年収を稼いでいなくても、アルバイトやパート等で定期収入が確保できていれば正社員じゃなくても審査に通るという事です。
要するに問題なのは「年収」よりも「基本給」という事になります、最低でも10万円程の定期収入でも審査は通るので、アルバイトやパートで稼いでる20歳以上の学生であれば審査に通る事が可能です。

 

自営業等の定期収入が確保できていな職業に就いてる人が審査に通らないという訳ではありません、審査の際に源泉徴収等の書類を提出すれば審査は可能ですし、自営業でどれだけの年収を稼いでいるかという点も審査基準となってきます。

 

例えば自営業でも毎月安定した収入があり、納税もしっかり行われている事が証明できれば年収が低くても審査は通過します、逆に年収1000万円あっても月々の収入に大きく波があり、納税も滞納している時期があると審査は厳しくなるかと思います。

 

一番審査に通りやすいのは正社員として企業に勤めており基本給も十分にある方かと思われます、勿論それが最低条件という訳ではありません、ですので無職の状態でお金を借りるよりもアルバイトすればそれだけ審査に通過しやすくなります。

 

例えば過去に借金返済を延滞した事があったり、雇用形態が正社員ではなくアルバイトである場合は審査に落ちた理由が絞られてきます。

 

定期収入があるのに落ちた理由は

 

その他にもモビットには審査基準というものがあり、その基準に達していなければ審査は通りません。
モビットの審査基準は「満20歳以上65歳未満、定期収入がある」というものがあります、その為18歳で定期的な収入があっても20歳未満なので審査は通りません。

 

その他にも審査に通らない人の特徴はネット上で多く予想されていますが、そのほとんどは借金がある、収入が安定していない、過去に返済を滞納した事がある、といった理由に絞られてきます。
審査に通らなかった人は自分でも「これが理由かもしれない」と思える点があるのではないでしょうか、それでも審査に通らなかった場合は必要書類等に記載ミスがあったり同居者に自己破産や債務整理を行っている可能性があります。