水商売はカードローンの審査で不利なのか

繁華街
水商売をしている人がモビットの審査を受ける場合、世間一般では不利であると言われていますがそこまで不利になるという訳ではありません。

 

しかし、借りられる限度額はしっかりと考えて希望する必要があるでしょう。

 

モビットに限らず消費者金融の融資限度額は年収の三分の一です。
収入に波がある水商売の場合、年収の三分の一より低く見積もられることもあります。。

 

返済を考えて借入を

例えば、水商売をしている申込者の年収が900万円あれば300万円借入できたとします。
去年は年収が900万円あったからモビットから200万円借りたが今年はそこまで稼ぐことができず借金が返せなくなったという事もありえます。

 

一般サラリーマンと違い、しっかりと限度額を見極める必要があります。
来年の年収が今年の年収と同じとは限らないからです。

 

また、水商売で生活している人がモビットを申し込む際に収入証明が必要となってきます。
源泉徴収票や所得証明書が主な収入証明となります。

 

今すぐお金が借りたいけど収入証明書類がない場合はモビットからお金を借りる事ができません。
早く融資してもらいたいという場合は前もって収入証明を用意しておきましょう。

 

以上の事から、水商売をしている人がモビットの審査を受ける場合、確かに不利になる点はあるが大幅に下がるわけではないので、十分な収入とそれを証明できる書類さえあれば審査は簡単に通りますし即日融資も可能だといえるでしょう。

 

しかし、今年の年収が来年もそのままとは限らないので、融資限度額をしっかり自分と相談し今後返済できる額を希望しましょう。