自営業

モビットの審査に自営業の人が通るかどうかはモビットに提出する書類が鍵となってきます。

 

審査の際にモビットは必ず「在籍確認」を行います。

 

これは書類に記載した勤務先に偽りがないかを確かめる為に行われる必須事項です。
ですが自営業の場合、在籍確認を行う事ができないので申込者が本当に働いていてお金をしっかり稼げているかがモビットではわかりません。

 

その為自営業の方はモビットの公式サイトから「営業状況確認のお願い」という書類をモビットに提出する必要があります。

 

 

「営業状況確認のお願い」の書類とは?

 

記載事項は事業計画、収入計画、資金計画となります、要するに申込者の返済能力を確認する為の書類です。

 

項目は少ないですが内容次第で審査の合否に大きくかかわってきますので、偽った事を書かず必ず正しく書きましょう。
その他、自営業なので年収の証明ができる書類が必要となります。

 

例えば確定申告書等になってきます。
年収証明書類も自営業の方が審査するにあたって重要な書類となるため必ず事前に用意しておく事をおすすめします。

 

以上の事から、自営業の方がモビットに申し込むにあたって必要な書類は「身分証明書、営業状況確認のお願い、年収証明書類」の三点が基本となります。
自営業の方でも一般サラリーマン並みに稼げて、安定した生活を送る事ができているのであればモビットの審査に通る事はそう難しい事ではないでしょう。

 

ですが、経営状況が悪く月に安定した収入が見込めていない場合は審査に通るのは厳しいかと思います。