大手消費者金融会社は情報を共有

やってしまった
大手消費者金融は他の消費者金融との情報を共有しているようです。
なのでアイフルの審査に落ちたけどモビットは別の消費者金融だから同じ申請で通るかもしれないというのは間違った考えです。

 

アイフルに限らず、例えばモビットとは別の大手消費者金融で審査に落ちたとします。
その後モビットに申込したとするとモビットの担当スタッフは申込者の過去の経歴を調べる訳です。

 

その時点で申込者が過去に消費者金融の審査で落ちているとわかってしまいます。
そうなってしまうと審査にはかなり不利な状況となってしまいます。

 

アイフルで落ちた理由を推測

 

アイフルの審査基準は「満20歳以上、定期的な収入と返済能力がある」という事です。
モビットの審査基準とほとんど変わりませんのでアイフルの審査基準はクリアしているが審査に落ちてしまった場合は審査に落ちてしまった理由を自分なりに整理しましょう。

 

アイフルの審査はコンビニのアルバイト店員や年収300万円の経営者でも通るという実績がある為、そこまでハードルの高い審査基準ではありません。

 

その審査に落ちてしまったのであれば、モビットに申し込む前にまずアイフルの審査に落ちてしまった理由を洗いださなければモビットの審査に通るのも難しいでしょう。

 

例えば3社以上から借金をしていたり、短期間で複数の消費者金融のカードを発行していたりしていませんか、モビットの審査基準は公表されていないので確信をもって言えるわけではないのですが、申込者の信用情報が審査に通る鍵と言われています。

 

借金をしている消費者金融を2社にまとめたり、複数のカードを申込しているなら少し期間を置くといった対策をとってから審査に挑んでみてはいかがでしょうか。